万年筆のインクは水で伸ばすと、また違った顔を見せてくれます。どんな風になるか、実際に書き比べてみました!

カルトドゥコロリアージュで万年筆のインクを塗り絵の画材として使用しているのですが、やはり普通にペンで字を書いたときと水で伸ばして塗ったときとでは、色の見え方が全然違ってきます。
コロリアージュでは、塗ることそのものに加えて、こういうインクの色の変化にも注目していただけると、もっと楽しみが広がるのではないかと思います。
そこで、私の手持ちのいくつかのインクで書き比べをしてみました!

まずは青系のインクから。

1.こちらは普通に筆記すると紺色に見えるインクです。
水で伸ばしてみると黄味がかった青色になりました。
澄んだ空のように爽やかな色ですね。きれいです。

2.こちらは先ほどのインクよりも色が鮮やかなもの。
伸ばしたあとも普通にペンで書いたときと変わらない色味に見えます。

次は緑色。

3.これは手持ちの中で一番気に入っているインクです。
書いてすぐは青っぽい色なんですが、時間が経つと深い緑色に見える色。
どれだけ書いてもこの色の変化に全く飽きないです。
伸ばすと1のインクに似ているかな?
でも重ね塗りを繰り返すうちに、それぞれの特徴が出た色になっていくんでしょうね。

4.対して、こちらは鮮やかな黄緑色。
伸ばしたら色が淡くなってすごく涼しげな色味になりました。

紫系のインクもあります

5.普通に書いても淡い薄紫のインク。
伸ばすともっと淡く優しい色に。
朝焼けや夕焼けのグラデーションの中に隠れていそうでいいですね。

6.こちらは、普通に書くと赤みのあるグレーといった感じの色。
水で伸ばすと赤みがよく感じられ、紫色っぽくなりました。

橙色も

7.筆跡は結構パキッとしたオレンジです。
伸ばしても強いオレンジ色が出るのかと思いきや、意外と優しい色でした。
色が薄まったところはピンク色にも見えます。

万年筆のインクっておもしろい!

水で伸ばすことで、インクに隠された色が表面に出てくるんですね。
ちなみに、このイラストは
・象:1
・葉:4
・つぼみ:6
・花:7
で塗っています!
特に7のオレンジのピンクっぽい色の変化はよくわかるのではないでしょうか。
オレンジで塗ったのに実際の色はピンクになるとは、ちょっとしたひっかけですね(笑)

写真がヘタなので、実際のインクの色味をお伝えしきれていないところはあるかと思いますが、どんな変化が起こるのかはなんとなくわかっていただけたかと思います。
万年筆のインクは塗ってみてはじめてわかることが多くて、思ったよりも楽しいです。
みなさんもぜひいろんな色で試してみてくださいね!

----------------
カルトドゥコロリアージュ オリジナルインクコラボ記事はこちらから
【神戸INK物語】
神戸インクでコロリアージュ!その1。〜神戸ボルドー、灘ブラウン、太山寺イエロー、相楽園ティーグリーン編
神戸インクでコロリアージュ!その2。〜波止場ブルー、港島アイランドブルー、水道筋マルシェブルー、神戸異人館ミント編
神戸インクでコロリアージュ!その3。〜旧居留地セピア、三宮パンセ、甲南マルーン、渚ミュージアムグレー編
神戸インクでコロリアージュ!その4。〜離宮ムーンイエロー、諏訪山リーフグリーン、南京町フォーチュンレッド、六甲シチダンカ編
神戸インクでコロリアージュ!その5。万年筆で塗り絵を楽しんでみませんか?〜新開地ゴールド、中山手ブラック、王子チェリー、京町レジェンドブルー編
神戸インクでコロリアージュ!その6。万年筆で塗り絵を楽しんでみませんか?〜布引エメラルド、鈴蘭グリーン、須磨海浜ブルー、北野パールシルバー編
神戸インクでコロリアージュ!その7。万年筆で塗り絵を楽しんでみませんか?〜神戸レンガ、住吉ブラウン、塩屋ヴィンテージセピア、五色山オークル編
  ●神戸インクでコロリアージュ!その8。万年筆で塗り絵を楽しんでみませんか?〜須磨離宮ローズ、学園都市フレッシュグリーン、加納町ミッドナイト、雪御所ザクラ編

「万年筆で塗り絵」について
「万年筆で塗り絵」プロジェクト


商品の紹介はこちら 商品紹介:カルトドゥコロリアージュ