アトリエづくりDIY #8 アクリル看板をUVプリンタで作成。作業台も作成。

谷町のco-boxさんでアクリル素材のカット、穴あけ、プリントを行う

入り口の杉壁部分にアクリル看板を設置する予定でしたが、普通にネットで注文しても面白くないのでUVプリンタで自作してみることにしました。
大阪のコワーキング、FABスペースでは老舗のCO-BOXさんにお邪魔してきました。


UVプリンタ、レーザーカッター、3Dプリンターなどのデジタルものづくり用の機材が揃っています。

まずはAmazonで購入したアクリル板をレーザーカッターでサイズ加工、穴あけを行います。


その後、UVプリンタで印刷を行います。微妙な設定がありますが、基本的にはイラストレーターのデータから編集できるので便利です。


そして、完成した看板がこちら。壁に設置してみました。

ちょっと見えにくいので、もう一枚アクリル板を追加して背景を作る予定です。

作業台の足は2×4材をソーホースブラケットに入れて

メインで使う180cm×90cmの大きな作業台を置くために、足をソーホースブラケットで作ります。


ネジ穴が思ったより小さいので、細くて長いビスを用意する必要がありました。

完成すると安定するので、上に板を載せます。重いので注意。


いい感じの作業台が出来上がりました!