淡路島おすすめのお土産「あわじオレンジスティック」。実は伝統の砂糖漬けとチョコがコラボしていました。帰省のおみやげにもおすすめです。

休日なので少し軽めに。

私は淡路島が好きでよく行くのですが、
最近お土産でハマっているのがこちらです。

あわじオレンジスティック

もう説明が素晴らしいのでぜひサイトを見ていただきたいです。
淡路島でオレンジ?と思うのですが、洲本市の特産品。
そして、砂糖漬け「鳴門漬け」も伝統のお菓子だそうです。

鳴門オレンジのおはなし。
名前の由来は鳴門海峡からきていると言われ、200年前蜂須賀藩の家臣が唐柑のタネを庭にまいて得た実生に起源すると伝えられ、名実ともに淡路島の特産です。鳴門オレンジの旬は4月中旬から初夏、洲本市周辺と淡路市の一部にしか育たず、独特の口あたりが好まれています。長手長栄堂が使用している鳴門オレンジは、淡路島の農園で契約栽培され、日当たりのよい東側の斜面を使い、減農薬で丹精をこめて生産されております。

この小箱で600円。軽めのお土産としてもぴったりです。


取り出してみると、なかなかに立派なサイズ感。
一般的なオレンジピールより太めかなと思います。

説明を見ていて納得したのが、
これはオレンジの砂糖漬けにチョコをかけて作られているということ。甘くて上品な味に仕上がっています。
なので「オレンジピールで感じる、オレンジの皮独特の苦味が苦手」という方でも美味しくいただけます。

様々な賞も受賞されている「あわじオレンジスティック」
梅田の百貨店などで手に入れることもできるそうです。
淡路島ならサービスエリアや道の駅でも販売していますが在庫は時期にもよるかと思います。
(私はウェスティンホテル淡路の売店で買いました)
公式のネット販売もされていますのでこちらもぜひ。色んな人におすすめしたい逸品です。