BLOG

今年も撮影の時期がやってきました。

毎年のことですがほんとギリギリで。

インテリアライフスタイル展に合わせて
リリースする商品たちの撮影会。
今日と月曜日に行います。
今回は手帳仲間にもお願いをして母校に行ってみました。

暮らしに寄り添う、
《with dünn》というキーワードをテーマにするには、
大学って格好の場所だなとつくづく思います。
たくさんの人が行き交い、
学生以外にも多くの人が関わっている。
週末には家族がピクニックにやってきていたり
とてものどかで、そして守られた空間。

モラトリアムを体現したような空間に
郷愁を感じながらも、
おおらかに受け入れてくれる
その場や街が改めて好きだなぁと感じました。

さぁ、前準備もここから一週間が佳境です。

■Interior Lifestyle Tokyo 2017 info■

2017年6月14日(水)–16日(金)
会場:東京ビッグサイト
西3ホール ACCENT G-03
入場に関するお問い合わせはこちらから。
公式サイトはこちら。

机の上を片付けてから帰るという約束を1ヶ月続けてみて

dünnの思想。それはつまり、たくさんの人に会いに行きたいということ。インテリアライフスタイルに向けて。

関連記事

  1. [レポート]インテリアライフスタイル2017、終了しました!見どころや当日の模様…

    2017.06.21
  2. ひとりの力を倍にするために、明日の自分と仕事をする。

    2017.05.21
  3. 信じるものは救われる。だから、自分が良いと信じた価値をどれだけ愚直に発信し続けら…

    2017.04.06
  4. 言葉を学ぶと、理解が進む。

    2017.04.04
  5. 紙の本は空間を作り、場の人間と知識を共有する

    2017.04.12
  6. 試作品作り、いろんなことが胎動中。

    2017.04.05
PAGE TOP