日本一量産できるレーザー加工所!株式会社ロッカの工場見学をしてきました。

ほんとはあんまり紹介したくないのですが特別に。

彩色剪紙えとしおりのレーザー加工を依頼している
株式会社ロッカさん。
今回、dünnの包装用箱の相談もさせてもらおうと
荒川区の会社に打ち合わせがてらお邪魔してきました。

下町に日本一のレーザー加工工場があった!

佇まいは、荒川区の下町にあるいかにも町工場、という雰囲気です。
rokkaIMG_5331

むーすさんは初めての訪問だったので
レーザー加工機についていろいろと説明をしていただきました。
こちらはX-Y式。
パワフルで垂直にレーザーが照射されるので厚物の加工などに向きますが
スピードはそこそこです。
rokkaIMG_5334

こちらは大型高速機。
ガルバノ式という構造を取っており、
機械的にヘッドが動くX-Y式とは異なり
ミラーでレーザーを反射することで素早くカットすることができます。
800×800サイズの大型機が
本格的に運用されているのは現在日本でここだけだそう!
ミラーを使ってレンズを動かすので圧倒的なスピードがありますが、
レーザー光は斜めに照射されることになるので
薄物の加工に向きます。
rokkaIMG_5336

大型高速機のヘッドはこんな感じです。
rokkaIMG_5337

他に、小型高速機も運用されています。

rokkamini
こんな細かな作品例も飾られていました。
本物のレースみたい!
高速機を使っても数十分かかるそうです。
レーザー表現の癖を覚えると
いろんな加工ができそうですね。

rokkaIMG_5340

こういった付箋を販売もされています。
rokkaIMG_5343

圧倒的な実績数と丁寧な対応

特に印刷屋界隈では、
「レーザーを入れてみた」というような業者は増えていて
いろんな試作品やデモンストレーションを
見る機会が増えています。
しかし、いざ商業レベルで使用しょうとすると
素材との相性や量産時のオペレーションについてなど
様々な問題が起こってきます。

ロッカさんが素晴らしいのは圧倒的な実績数があるため、
機材の運用のノウハウがあり、
最終成果物まで責任を持って納品して下さるところです。
こちらの難しい依頼に対しても
議論しながら妥協点を一緒に探っていける
本当にパートナーだなと感じられる加工所さんです。
(本当はあんまり紹介したくないのですが、
「まだまだ機械は稼働できる!」と仰ってたので記事にさせてもらいました)

rokkaIMG_5345

そんなロッカさんの技術がつまった商品がこちらです。
ぜひお手にとってその繊細さを感じてください。