BLOG

東大阪の縫製工場にて、ものづくり

紙のような、本物の革はどうやって作るのか。
そんな課題を一緒に考えてくださるパートナーに大阪で出会えました。
革を厚さ0.4〜0.5mmの薄さまですく。
通常は裏地などに使うための薄さの革は、本当に薄くて軽いものになりました。

それでいて、表の質感にはしっとりとした革の感覚が残っています。
国内産の銀付き(吟付き、とも)のレザーを使用することで
「軽やか」というdünnのブランドコンセプトに相応しい仕上がりになり、
試作品を見た段階で「これはいける!」と
確信めいたものを感じることができました。

実際の縫製作業は、こちらのパートナーの工場で
一つ一つ、丁寧に手作業での仕上げ作業を行っていただいています。

702a18c402bad978cd548d034401499b
d626679af3127b9990c327d9b8e297ff
f67ee207ee98e6bb3116aba80b21e448
8d86cf08e435ece8d7f6bf3fec5a1dfc

きっかけは「紙のような革」を作りたかったから

革という素材と向き合う〜極薄のdünnだからこそみられるいろいろな表情について

関連記事

  1. 着慣れないスーツがコスプレみたいになってしまった

    2016.05.26
  2. dünn用レザー製造現場視察2〜大阪、大国町。裏処理工程

    2016.04.23
  3. 新商品チラ見せ。テーマは 「ポケットの中のイノベーション」

    2016.04.29
  4. インテリアライフスタイル展まであと12日!

    2016.05.19
  5. dünn用レザー製造現場視察1〜大阪、大国町。漉割工程

    2016.04.21
  6. きっかけは「紙のような革」を作りたかったから

    2016.04.16
PAGE TOP