BLOG

手ぶらで気軽に出かけられるライフスタイル、はじまります。dünnの試作品を半年使い込んでみての感想など。

いよいよ発売です!!

6月のインテリアライフスタイル展で発表して早2ヶ月、
ここに至るまでいろいろありましたがついにdünnの新商品、発売がスタートしました!
早速多くのご注文をいただいており品薄になっている商品もございます。
すべて仕上げを職人さんの手作業で行っているため
なかなか一度に大量生産ができないのは悩ましいところです。
お待たせしてしまうお客様がおられましたら大変申し訳ありません。

今回試作品を半年ほど使い込んで見た感想書いてみたいなと思っています。

ポケットの中身公開

私が日ごろ持ち歩いているものはこの4点です。
ワールドウォレットコイン&カードケースカードリッジdünnカードリッジプロ

image
ズボンの左前ポケットに小物3つを入れています。
コイン&カードケースには、小銭とICカード免許を入れて
持ち出しの時はこれで全て完結するようにしています。
カードリッジdünnにはクレジットカードとコンビニのポイントカードを入れています。
そしてカードリッジプロには名刺を入れています。
プロは単体でもしっかりしているので、
これを入れておくことでポケットの中が安定するんですよね。
ポケットに入れておくとどうしても端が痛んできたりするのですが、
紙製のプロなら痛んだら取り替えればいいや位の気持ちで使っていますが、
半年以上使っても形状が安定しているのでなかなか丈夫です。

そして後ろのポケットにはいつもワールドウォレットを入れています。
(試作品なので開きが商品とは逆です)
お札入れとして使っていますが、領収書やレシートチケットなどもぽんぽん放り込んでいます。
いざ使いだしてみると、このワールドウォレットはとっても使い勝手が良い。
様々なサイズのチケットや領収書レシートが折らずに入るのでざっくりと使うことができます。
海外に行く機会が最近少ないのでなかなか世界中の通貨を入れるチャンスがないのですが、
日本円にぴったりのサイズで作らずこの大きさにして良かったなと思っています。
2つ折り財布を以前は使っていたのですが、すぐに分厚くなってしまうんですが
このワールドウォレットだと全然分厚くならないのです。
お札にせよレシートにせよ、紙って2つに折るととても分厚くなるんだなというのを改めて感じました。

財布を取り出さなくなると、カバンを置いてくることができる

上記の4点で、お札と小銭とカード類などすべて持ち運ぶことができます。
こうなるとカバンの中から財布を出すという行為が本当に少なくなるのです。
「ここ1週間で財布を全く触れなかった」なんていうこともあったりします。
財布を持ち出さなくていいと言う事は、
手ぶらで出かけることに対するハードルがとても下がります。
後はスマホと家の鍵さえ持って出れば本当にどこへでも行ける感じです。

カバンを持たずに外へ出かけるということに慣れてくると、とても視野が広がります。
両手も背中もフリーな状態で歩いていると周囲からの情報がどんどん飛び込んでくる感じがします。
まさに軽やかという言葉がふさわしいのではないでしょうか。

仕事や打ち合わせにはまだまだPCや手帳など仕事道具が必要なのですが、
食事会やイベントなど機会を見つけては手ぶらで行ってみるということを挑戦してみようと思っています。

dünnのパッケージ完成しました!セルフ開封の儀やります(IDホルダー編)

軽やかなレザープロダクトdünn、ついに店頭販売スタート!大阪堂島、ギフショナリーデルタ様に特設コーナーが誕生。

関連記事

  1. 言葉を学ぶと、理解が進む。

    2017.04.04
  2. 紙の本は空間を作り、場の人間と知識を共有する

    2017.04.12
  3. ポケットに入るから使い方が広がる万年筆用一本差しペンケース「dünn one p…

    2016.12.22
  4. 無事閉幕しました!INTERIOR LIFESTYLE TOKYO2016 御礼…

    2016.06.03
  5. 試作品作り、いろんなことが胎動中。

    2017.04.05
  6. dünn passport & pencase(デュンパスポート&ペン…

    2016.11.30
PAGE TOP