BLOG

革という素材と向き合う〜極薄のdünnだからこそみられるいろいろな表情について

dünnは、薄くて軽い革を使うというのがテーマのブランドです。
元来、裏地などに使われる技術を応用して、
表地に使う革を直接薄く加工しています。

「革を割る」というこの行為には
熟練の職人の技が必要になります。
そして、その過程で革に様々な表情が加わることも。
従来から存在するのシボや血筋などの他に、
刃を研ぎながら削るため発生する鉄粉や削りカスが
付着することがあります。

もちろん、作業過程でこれらは除去するのですが、
手作業ゆえに残ってしまうこともあります。

これらの事象は、革製品好きには「風合い」と取っていただけることが多いのですが、
合成皮革などに慣れている方にとっては
違和感として映ってしまうこともあります。
なので、ここまではOKとして出荷しているというものについて
できるだけ多く画像でご覧いただけるようにします。
なお、使用においては問題はございません。

まずは、表面のシボから。
これは光の加減で見える、見えないがあるくらいの
安定した品質を提供できています。

dunncheck-1

dunncheck-2

dunncheck-3

dunncheck-4


続いて、血筋など。
明るい色のほうが目立ってしまいます。

dunncheck-5

dunncheck-6

dunncheck-7

dunncheck-8


次に、鉄粉や溶剤が原因と思われる黒い模様です。
これも明るい色のほうが目立ちます。
dunncheck-9

dunncheck-10

dunncheck-11

dunncheck-12

dunncheck-13

dunncheck-14

dunncheck-15

dunncheck-16


dunncheck-17


そして、削りカスやホコリが溶剤の下に入り込んでしまったもの。

dunncheck-18

dunncheck-19


また、革の厚みのブレも0.1mm単位では発生しています。
dunncheck-20

dunncheck-21


なお、全ての商品において
検品の上、包装する際に商品へAttentionカードを入れています。
このカードは名刺用紙を使っておりますので
名刺の出し入れや、名刺に汚れ等が付かないかの
チェックも兼ねています。

これらをご理解いただきましたうえで、ぜひご検討ください。
しかしながら、なにぶん全て人の手での作業となっておりますので、
気付いた点がありましたら、遠慮なくご指摘いただけましたら幸いです。

父の日のギフトにもご紹介いただけることが増えてきました。
本格的な革製品の名刺入れでありながら、
この軽さと薄さは魅力的ですよ!

東大阪の縫製工場にて、ものづくり

クロソイド曲線にこだわる理由

PAGE TOP