BLOG

クロソイド曲線にこだわる理由

CARDRIDGE(カードリッジ)の名刺の取り出し口は
従来のモデルから「クロソイド曲線」を採用しています。

クロソイド曲線は、緩和曲線、コルニュ螺旋とも呼ばれ
高速道路や鉄道、ジェットコースターなどの軌道に使われる曲線で、
進んでいくとだんだんカーブがキツくなっていく不思議な曲線です。

上記の事例では、自動車や鉄道が安全に運航するために
必要不可欠な機能性を持っていますが、
名刺入れにそれを取り入れた最大の理由は「美しさ」です。

クロソイドの螺旋は黄金比を描くことでも知られています。
また、”人間的曲線”とも呼ばれ、
円と直線だけで表すことのできない、
人間的な滑らかさを表現しているとも言われています。

もちろん、機能的にも見開いた部分から
スムーズに名刺が取り出せるという利点がありますが、
ただアールを取るだけではなくこの曲線にこだわって作ることで
より人間に寄り添える商品になってほしいという思いが
デザインに込められています。

そして、そのデザインは、そのままdünnモデルにも踏襲されています。

なにより、クロソイドという名前のいわれが素敵なんです。
ギリシャの女神クロソ(クロートー)からきていると言われていて、
彼女が手にする糸巻き棒から引き出し紡がれるのが「運命の糸」。
(クロートーはそれ故に「紡ぐ者」であるとされています)

人と人のご縁をつなぐチャンスを増やすために、
CARDRIDGE、そしてdünnにそのお手伝いができますように。

革という素材と向き合う〜極薄のdünnだからこそみられるいろいろな表情について

dünn用レザー製造現場視察1〜大阪、大国町。漉割工程

関連記事

  1. 撮影、撮影!

    2016.05.23
  2. 東大阪の縫製工場にて、ものづくり

    2016.04.17
  3. インテリアライフスタイル展まであと12日!

    2016.05.19
  4. 新商品チラ見せ。テーマは 「ポケットの中のイノベーション」

    2016.04.29
  5. 着慣れないスーツがコスプレみたいになってしまった

    2016.05.26
  6. dünn用レザー製造現場視察1〜大阪、大国町。漉割工程

    2016.04.21
PAGE TOP