ロンド工房の鳥グッズ特集

色んな作家さんとコラボして商品づくりに取り組んできましたが、気づけばかわいい動物グッズがこんなに増えていました。
今年は酉年ということで、その中から酉モチーフメインの商品のみをピックアップ。
あなたはどの鳥がお好きですか?

ごとうあや

ごとうあやさんは繊細なペン画を得意とされる作家さんです。
その細やかな書き込みにはつい見とれてしまいます。
国内では大阪や東京、海外ではフランスのパリで個展を開かれたことも。

カルトドゥコロリアージュ(塗り絵)

[GCC04 ともだち] → 商品ページはこちら

こどもと動物の交流を描いたこちらの作品は、イラストごとに異なった動物が登場します。
その中の1ページに、鳥と少女のイラストがあります。

空を自由に飛び回れる鳥って、ロマンが詰まっていますよね。
鳥の背に乗って空を飛べたらどんなに楽しいだろう。
上空から見下ろした景色を想像しながら塗ってみるのもおもしろいかもしれませんね。

ロンドアートコレクション(ポストカード)

[RA006 夜消える] →商品ページ
繊細なタッチで描かれたオナガドリ。
細かく描きこまれた羽根の一本一本に思わず見とれます。

羽根を飾る花が美しい。
尾羽根の奥に見える花がミステリアスです。

[RA008 喜びの流れ] →商品ページ
雄大に羽ばたく1羽の鳥。
その後に続くように咲き乱れる花々が優雅です。
鳥は1羽だけと思いきや…?

ここにももう1羽!

谷田有似

中国の切り絵である、「剪紙(ジエン ジー)」で作品作りをされる谷田さん。
切り絵のカットが美しいのはもちろんのこと、鮮やかな色彩からも目が離せません。
個展にワークショップと、精力的に活動されています。

彩色剪紙えとしおり(栞)

[SA010 酉(とり)] →商品ページ

切り絵をレーザーカットで再現した、切り絵のしおりのシリーズです。
酉年の縁起話は、「親切・賢明・世話好き・時を司る・商売繁盛」。
商売繁盛のお守りとしておひとついかがですか?

手塗りの枠はグラデーションが大変美しいです。
その中に丸いフォルムがかわいい鶏がちょこんと。

ロンドアートコレクション(ポストカード)

[RY005 mure] →商品ページ
優雅な鳥たちが舞う一枚。

くちばしにくわえられたブーケが色鮮やかで美しい。

[RY007 或いは、にわとり] →商品ページ
まるまるとしてかわいいにわとりです。

青から緑へのグラデーションになった翼が目を引きます。
重なりあった羽根が綺麗。

aya yonezawa

aya yonezawaさんの作品は、紙を切り貼りして作るコラージュです。
紙を手で切ったり、ハサミで切ったり、それぞれの切り方を組み合わせて作られています。
モチーフは猫や犬等のメジャーな動物から、爬虫類や海洋生物まで多種多様。
もちろん鳥もフィンチからインコ、猛禽類までよりどりみどりです。
絶妙にデフォルメされたいきものたちのかわいさをお楽しみください。

ロンドアートコレクション(ポストカード)

[RN003 相合傘ふくろう] →商品ページ
メガネフクロウとミミズクが相合傘。
もふもふした2羽の間にはさまれてみたいです。

傘にはメンフクロウのてるてる坊主が。

[RN006 文鳥カップル] →商品ページ
文鳥といえば代表的なのが、このカラー。
仲良く2羽で寄り添う姿は癒されます。

白文鳥の首元にはネックレスのようにレースがかかっています。

[RN009 プリンアラホード] →商品ページ
おいしそうなプリンアラモードの上にメンフクロウ。
プリンが大きいのか、フクロウが小さいのか、どちらでしょう?

手で紙を切ったときの繊維のほわほわした感じがメンフクロウのかわいさを引き立てます。

[RN010 2羽のフラミンゴ] →商品ページ
向かい合うフラミンゴ。2羽の首がハート型に。

フラミンゴの独特なくちばしのかたち、いいですよね。

[RN011 花と雀] →商品ページ
日本に住んでいるともっとも馴染みが深いであろう鳥のひとつ、雀。
パステルピンクの花の中を飛び立ちます。

おおぶりな花と小柄な雀の対比がかわいいです。

[RN014 ペンギン親子] →商品ページ
コウテイペンギンはおとなもかわいいですけど、ひなのカラーリングが特にかわいいですよね。

ひなのほっぺがポッとピンクに色づいているところがチャームポイント。

[RN018 七ふくろう] →商品ページ
七福神がフクロウに!
縁起物として語られる鳥と神様の組み合わせで、さらにめでたく。

つつけば転がっていってしまいそうな丸さです。

[list_bird]