【おすすめ編】必需品から嗜好品まで!文鳥の飼育用品で必要なもの、買うべきものをまとめてみました。

これまでは文鳥をお迎えしたら買っておくべきものをまとめてきましたが、今回は買っても買わなくても大丈夫ですが個人的におすすめしたいものを挙げてみました。
特に餌箱と水入れはもとから付属していますが、買い替えてあげると文鳥がのびのび過ごせるようになるのではないかと思います。

餌箱。ポイントは食べやすいか、散らかりづらいか、汚れにくいか。

食べてる時の顔がまたかわいい。

ケージにはもともと餌入れは2個(餌と水用)同型のものが付属していますが、これはケージ内で設置するタイプです。
迎えてから数日は使用していましたが、深すぎてたくさん餌を入れないとくちばしが届かない、ケージ内を圧迫することから別のものに取り替えようと決意。
そこで他の人のブログを見に行っていいなと思ったのがバードバスでした。
外付けなのでケージを広く使えるし、面積が広いので文鳥が中に入ってつつきながら食べられます。

面積が広いので、まだ中身があるものを選別するのが楽そう。

鳩や雀を思い出していただけるとわかりやすいのですが、文鳥も地面をつついて餌を食べるのが自然の姿なので、これを再現できるのはポイント高いです。
文鳥はくちばしを振り回してゴミを飛ばす散らかし屋なので、周囲が覆われたバードバスは比較的ゴミが出づらいのも良し。
また、バードバスを横に振ると餌ガラが上に浮いてくるので、どのくらい食べているかがわかりやすいです。
時々うっかり中にフンをしてしまうことがありますが、ケージ内に置いてあっていつでも上から降ってくる状況より衛生的ではないかと思います。

水入れ。大きな器である必要なし!できるだけ飲みくちの小さいものを。

見えづらいですが、このピンクとグリーンがそれ。

水はとにかく飲めればいいので、省スペースで汚れにくいものがベストだと思います。
おすすめはスドーのコンビーネーションフィーダー
ケージの外から網の間に差し込んで使用します。
固定用にリングが付属しているので落下の心配はありません。
また、ケージ内に飲みくちだけぴょこっと出ている状態なのでケージは広々、飲みくち内にフンが落ちているのも見たことありません。
朝起きて真っ先にフィーダーに近づきゴクゴクと水を飲む姿はかわいいですよ!

おやすみカバー。鳥は暗くないと寝られません。

これはあってもなくてもどちらでもいいのですが、私は買うことにしました。
鳥の一日は日の出とともに始まり、日の入りとともに終わるので、人間よりも早寝早起きです。
朝に関しては起きてくるまで無理矢理起こさなくてもいいかと思いますが、夜は早めに寝かせてあげましょう。
うちでは早ければ17時台、遅くても20時台には寝かせるようにしています。
でもこの時間だとまだまだ飼い主は起きているので、愛鳥を先に寝かせないといけないですよね。
そのときにおやすみカバーを使用します。
ホーエイだとケージの大きさごとに対応したおやすみカバーがメーカーで製造されています。
遮光できる大きめの布があればそれで代用も可能ですが、専用カバーがあった方がしっかり暗くできると思います。
私は遮光効果を高めるために、おやすみカバーの上からさらに大判のストールで覆っています。

文鳥飼育グッズについて、3記事に分けてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
もちろん正解不正解はないので、私がご紹介した以外にもこれと思うものがあればいろいろ試してみてください。
これをお読みいただいた方とその愛鳥ちゃんの生活が豊かになりますように!