神戸インクでコロリアージュ!番外編 白瀬北斗さん作家紹介:透明感について(1)

白瀬北斗さんとは、弊社のコラボブログ企画でコラボさせていただいている作家さんです。
カルトドゥコロリアージュとはこんな商品です。
Cartes de Coloriage〜シェアできる塗り絵ポストカード。
企画の内容については下記リンクをご覧ください。

万年筆インクを使ったやわらかくやさしい塗りが特徴の作風ですが、
このコラボブログではなかなかそこまでお伝えしきれていません。
そこで、コラボブログ番外編として白瀬さんのイラストについてテーマごとにご紹介いたします!
毎月テーマを変えてお送りします。
今回は第一弾。白瀬さんが一番得意とされる、「透明感」がテーマです。

使うのは、万年筆と水筆がメイン

白瀬さんがよく描かれるのは、かわいくて癒される、ちいさなちいさな妖精たち。
やわらかいタッチの線画に、万年筆インクで色付けしていきます。

ふわりとのったインクの色合いが、見事に線画にマッチしていますよね。
この子たちに触れたときの手ざわりやあたたかさまで伝わってくるようです。

水晶の艶ときらめき

水晶と言えばキラキラとした輝き、向こう側がほんのり透けて見える透明感が特徴ですよね。
白瀬さんはその特徴を万年筆インクと水筆、色鉛筆を巧みに使い分けることで表現しています。

このつややかで澄み渡った質感がとっても涼やかです。

インクボトルに収まるインクのみずみずしさ

この子はガラスペンを持っていますね。
よく見ると、ガラスペンの先端部分も透けており、男の子の足元が見えているのがわかります。

ボトルのガラスの厚みと、その中に収まるインク。
奥行きを感じる塗りになっているので、まるでそこに本当にインクボトルがあるかのよう。

ガラスのその向こうまで

少しマットな質感に見えるガラスボトルに、すっぽりとおさまっている姿がかわいいですね。

ボトルのふちの丸みと、その厚みの分だけやわらかく透けているこの感じ。
本体部分はよりクリアな透け感で、その表現力に圧倒されます。

いかがでしたでしょうか。
白瀬さんご自身で描かれた線画と合わさると、塗りの美しさを一際感じますね。
次回も「透明感」をテーマにご紹介します!お楽しみに!

白瀬北斗さんのホームページはtii-book-ちぃ本-
Instagramも!

----------------
カルトドゥコロリアージュ オリジナルインクコラボ記事はこちらから
【神戸INK物語】
神戸インクでコロリアージュ!その1。〜神戸ボルドー、灘ブラウン、太山寺イエロー、相楽園ティーグリーン編
神戸インクでコロリアージュ!その2。〜波止場ブルー、港島アイランドブルー、水道筋マルシェブルー、神戸異人館ミント編
神戸インクでコロリアージュ!その3。〜旧居留地セピア、三宮パンセ、甲南マルーン、渚ミュージアムグレー編
神戸インクでコロリアージュ!その4。〜離宮ムーンイエロー、諏訪山リーフグリーン、南京町フォーチュンレッド、六甲シチダンカ編
神戸インクでコロリアージュ!その5。万年筆で塗り絵を楽しんでみませんか?〜新開地ゴールド、中山手ブラック、王子チェリー、京町レジェンドブルー編
神戸インクでコロリアージュ!その6。万年筆で塗り絵を楽しんでみませんか?〜布引エメラルド、鈴蘭グリーン、須磨海浜ブルー、北野パールシルバー編
神戸インクでコロリアージュ!その7。万年筆で塗り絵を楽しんでみませんか?〜神戸レンガ、住吉ブラウン、塩屋ヴィンテージセピア、五色山オークル編
  ●神戸インクでコロリアージュ!その8。万年筆で塗り絵を楽しんでみませんか?〜須磨離宮ローズ、学園都市フレッシュグリーン、加納町ミッドナイト、雪御所ザクラ編

「万年筆で塗り絵」について
「万年筆で塗り絵」プロジェクト


商品の紹介はこちら 商品紹介:カルトドゥコロリアージュ