空(スカイツリー)の中の海!すみだ水族館に行ってきました。

こんにちは、むーすです。
今回は東京出張シリーズ第二弾でございます。
前の出張ではあまり東京名物をゆっくり見ている暇がなかったので、今度は絶対どこかに遊びに行ってやるぞー!とメラメラしておりました(笑)
そこで選んだのが、スカイツリー!・・・ではなく
スカイツリーの下の東京スカイツリータウンの5・6階にある、
「すみだ水族館」です。
写真をたっぷり撮ってきたので、ご覧ください!

余談ですが、いきものを撮るときにフラッシュは厳禁です!
生体の負担になるので、フラッシュはオフにして撮影を楽しみましょう♪

楽しく学べる水族館。より楽しむコツは、パネルを見ながら歩くこと!

みなさんは、動物園や水族館に行ったときに、しっかりパネルを読んでいますか?
もしかしたら、いきものばかり見てパネルはしっかり読んでいないという方って、意外と多いのでは無いでしょうか?
私はパネルも展示のうちの一つだと捉えています。
そのいきものの展示がどういう意図で行われているのかについてや、動物の仕草の意味についてなどが書かれているため、
しっかり読んで鑑賞すると、楽しさも二倍です。
勉強にもなりますし、一石二鳥ですよ。
image
この1のパネルには、水草と酸素のお話が書いてあります。
実際に水草に注目してみると・・・。
image
葉っぱの裏側にキラキラとした水泡が!
ライトで照らされた輝きが美しいです。
きっと、パネルを読んでいないと水草の泡に着目することはなかったと思います。
パネルによって新しい視点を与えてもらえました。
image
葉っぱの下に隠れるお魚を仰ぎ見ます。
これも一種の習性、水草と魚の共生のかたちなのでしょうか。

すみだ水族館は「魅せ方」がうまい

image
海で刺されて危ないイメージがあるクラゲですが、こうして鑑賞すると本当にきれいですね。
image
image
ゆっくり時間をかけてライトの色が移り変わっていくのですが、
これが幻想的で素晴らしいんです。
見せ方もとい、魅せ方が素敵だと思います。
クラゲならこちらも。
image
クラゲの幼体の1〜2日ごとの成長度合いを見られる展示です。
小さすぎてカメラでは到底写しきれなかったのですが、
近づいてよーく見ると小さな小さなクラゲの赤ちゃんが一生懸命生きているのが見られます。
これはぜひとも生で見てもらいたいですねー。
image
これはニモでおなじみのクマノミです。
イソギンチャクと共生する姿を見られることはもちろん、イソギンチャクにクマノミの体が隠れすぎていないのがグッドです。
クマノミ的にはもっとしっかり隠れたかったりするかもしれないですけどね(笑)

すみだ水族館と葛飾北斎のコラボ。絵と実物を同時に楽しめるので、一粒で二度おいしい

image
私が行ったときにはこんな感じの展示もしていました。
北斎が描いた日本の水生生物の絵と一緒に、魚が展示してあります。
こんな具合に。
image
ババーン。ナマズです。
image
他には、ザリガニとか。
image
ドジョウとか。
image
ニホンウナギとか。
image
みんな日本をすみかにするいきものなので、
見ているとほっとした気持ちになれました。

人気のチンアナゴ、ドリーで有名なナンヨウハギも!

image
みんな大好きチンアナゴ!
にょろにょろと砂から頭を出している姿はかわいいですね。
接写しようと近づくと一斉に引っ込んで、こっちがスマホを下げるとまた出てきて…。
動きもひょうきんで面白いです。
image
よく似ていますが、こちらはイエローヘッドジョーフィッシュです。
チンアナゴみたいに縦に砂に埋まる魚って他にもいるんですね。
image
「ファインディングニモ」の主人公ニモ(カクレクマノミ)の友達であるドリーです。
今ちょうどドリーが主人公のスピンオフ映画もやってますね。
ドリーはナンヨウハギという種類のお魚です。
そしてそしてこのスロープを通ると・・・。
image
ペンギンが見られるんです!
スロープの上からペンギンたちを見下ろせます。
image
スロープを降りきって水槽の前に立つと、スイスイ~っと泳ぐペンギンが1羽。
夜7時頃に行ったのでみんな眠そうで、この子しか動いていませんでした。
まさか泳いでいる個体がいると思わず、気が緩んでいたところをあわてて撮影したのでブレブレです(笑)
image
オットセイもすやすや・・・。
image

魚以外はこんな感じなので、元気に泳いでいる姿が見たければ昼間に行くのがおすすめです。
夜は夜で雰囲気があるので、デートなんかにはもってこいな感じですね。
ここには乗せませんが、通路の壁一面に鏡が貼られた万華鏡トンネルなるスペースもあります。
ベンチが置いてあるので、幻想的な空間でクラゲを見ながらゆっくりとした時間をすごせますよ。

気になるすみだ水族館の営業時間とアクセス、料金は?。スカイツリーもいいけど、水族館もね!

営業時間は9時〜21時です。
入館は20時までなので、お間違えなく!
メンテナンス等がない限りは基本的に年中無休です。

すみだ水族館の所在地はこちら。
〒131-0045 東京都墨田区押上一丁目1番2号
東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
最寄り駅は「とうきょうスカイツリー駅」と「押上駅」です。
東京スカイツリータウンのウエストヤード4階まであがり、一旦屋外に出ます。
image
すると、すみだ水族館に繋がるエスカレーターが見えるので、これを登るとすみだ水族館への入り口が見えます。
チケット売り場は入り口右手側にあります。

料金設定は以下の通りです。
大人:2,050円 高校生:1,500円 中・小学生:1,000円 幼児(3歳以上):600円
年間パスポートもあります。
大人:4,100円 高校生:3,000円 中・小学生:2,000円 幼児(3歳以上):1200円
2回行けば元が取れちゃいますよー!
image

さあ、チケットを買ったら屋内に進みましょう!
image
image

入り口もとっても綺麗です。
そして当記事冒頭のエリアへと続きます。

実は今回は二部構成の記事となっております。
次回はすみだ水族館レポ、パート2!
たくさんの金魚をご紹介します。お楽しみに!