ブラウニー手帳のブランディングミーティング

昨日はブラウニーさんで
ブラウニー手帳、そしてブラウニーブランドの
ブランディングミーティング。
(この行までに「ブラ」ってタイトル入れて6回言いました)

色々な方にブラウニー手帳に当てはまる形容詞を挙げてもらって
マッピングしていくという作業をしました。

・こう思われたい
・こうは思われたくない
・やっぱりこう思われていた
・意外とこう思われている
など、新たな発見があったりと
面白い時間を過ごすことができました。

お話ししていて感じたのは
ブラウニー手帳の懐って深いなと。
羊の皮を被った狼だという表現を私はしたのですが、
一見するとシンプルなビジカジ手帳に見えるのに
たっぷりの予定も受け止めることができる。
逆に、あんまり予定を手帳で管理されない方には
持て余してしまうだろうなと。

ユーザーさんから見ればまだまだたっぷり残っている
2016年の手帳ですが、
メーカー側から見れば2017年の商戦前の準備がピークで、
大手では2018以降の仕込みも着々と行われています。
手帳を扱うと、年号の感覚がわからなくなります(笑)

dünn wing wallet series クラウドファンディング実施中! 2018年5月29日〜7月30日 storesLogo2017

ABOUTこの記事をかいた人

荒川 翔太

株式会社ロンド工房 クリエイティブディレクター。商品の企画、製造、営業を行っている。てちょけん会長、ステラボP、K3事務局長など。