阪神百貨店で開催中の「金魚に恋する作品展」に行ってきました。9月1日は17時まで開催。

彩色剪紙えとしおりのデザイナーで

切り絵作家の谷田有似先生が出展されている「金魚に恋する作品展」。
阪神百貨店梅田本店で本日9月1日まで開催されています。
会期終了間際になりましたが、会場を訪れることができました。

撮影許可を頂いたのは谷田先生のブースだけだったのでそれらを中心に。
所狭しと金魚グッズが並んでいます。

IMG_0151 IMG_0152

中でも今回目を引いたのが「金魚の結婚式」という作品。
2匹の金魚の表情が愛らしく、
全体がハートのモチーフになっている非常にかわいい作品です。
狙ったのかどうか聞き忘れたのですが、
背景のアクリルがブルー系で
まるで水の中にいるような雰囲気を醸し出しています。

IMG_0154

こちらの作品、原画だけでなくポストカードもありました。
こちらもすごくかわいい!
商品化したいなーと緩くオファーさせてもらいました。

IMG_0155

金魚は中国では非常に縁起の良い動物とされていて、
「金余」、つまりお金が余るという意味と発音が同じため、
金運を呼ぶ動物として様々な絵画のモチーフに選ばれています。
上海で切り絵を勉強されてきた谷田先生もその影響にもれず、
今回の作品展に出展されることが決まる前から
多くの金魚モチーフの作品を書かれていました。
そんな原画もたくさん展示されています。

IMG_0156

今回の展示には谷田先生を含め
合計23組の作家、店舗が参加されています。
詳しくは阪神百貨店の公式ページをご覧ください。

鳥や猫もそうなのですが、負けず劣らず金魚ファンも熱い!
ブリーダー的に金魚の飼育、繁殖を楽しむ方もおられますし、
今回の展示会のようにグッズやアートのモチーフとして
金魚を愛する方もたくさんおられます。
愛らしいルックスに、みなきっと心癒されているのでしょうね。
イベントは本日の17時終了予定です。
残すは平日の昼間のみにはなってしまうのですが、
とても楽しい会場ですのでぜひご覧いただければなと思います。

さて、そんな谷田先生ですが、なんと明後日には島根に移動!
出雲大社のすぐ近くにある
ARTWORKS GALLERYにて
谷田有似作品展〜剪紙でつなぐ物語〜
を9/4〜27まで開催されます。
4日は在廊されるかも、とのお話です。

旅先で見るアートというのもまた格別ですよね。