奉仕するから売れている

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ

以前知人に教えてもらってから面白くて

ポッドキャストでずっと聞いています。

先日のEXILE ATSUSHIさんとの対談が非常に面白かったのですが、

宮﨑駿監督は、

「今の世の中は何を欲しているのか」という視点を持った

鈴木プロデューサーの要求に対して

応え続けてきたからこそこ30年もの長い間

第一線で活躍できた、のだそうです。

引退会見の「これからは好きなことをやります」というのは

なんとも深い言葉だったわけです。

ふと自分の周りを見渡した時、

「これは!」と思う光る才能を見つけて、

「今こういうことを世の中は欲しているよ」とアドバイスしたうえで

多くの人に届けられる形まで加工して提供する、というのが

今自分にできる一番のノウハウだと自負しています。

結果、多くの人が喜ぶ状況が生まれていることが

「売れる」ということなのでしょう。

究極の奉仕の心、なんですね。

どんな作家さんでも

「売れたい」という思いは持っているはずですから、

世の中とのフックを作ることによって

より多くの人が楽しく感じられる時間を作りたい。

そんな思いで仕事をしていきたいなと常々思っております。

現実はなかなか美しいことばかりではありませんが、

理想だけは気高く美しく、です。