ブラウザーのスタートページにたった1項目のリマインダを設定する

ちょっとマニアックな話ですが、

iPhoneユーザーならwindowsでも使えるはず。

Chromeユーザーという設定でお話します。

To do管理やリマインダーアプリは、

Remember the milk や Nozbe、

Toodledo などメジャーどころはひと通り使ってみたのですが

どうもやり残しばっかり増えていくので、

メールに一元化するほうがまだまし、とう結論に達していました。

なので、毎日のスケジュール管理はもっぱらGoogleカレンダーに依存して、

タスク管理もGmailの残りメールをメインで使っているのですが、

透過光の影響か、誘惑が多いからなのか、

メールから派生してはじめにやらないといけなかったことから

どんどん派生して違うことをやってしまう、という事態になりがちです。

そこで、今日やることだけは手帳に手書きで書いて、

「自分との約束」として徹底することで、毎日のメリハリがついてきたように感じていました。

それでも、仕事が溜まっている時などに手帳を開かずただこなすだけの作業をしていて

本来優先順位をあげないといけないことに取り掛かれないということもしばしば。

そこで、自分の中の脱線経路を分析してみると、

ブラウザで新しいタブを開く、という行為が諸悪の根源になっていたのです。

新しいタブのアドレスバーに検索ワードを打ち込むことで

調べ物からの脱線、という流れですね。

これの防止のために、chromeのアドインである「New Tab Redirect」に一工夫。

アドインの解説はライフハッカーがわかりやすいです。

Chromeの新しいタブをどんなページにも設定できる「New Tab Redirect」

今まではhttp://thecolourclock.co.uk/を設定していたのですが、

これをicloud.comのリマインダーアプリに変更。

そして、毎日朝9時に

「手帳を開く」というリマインダーを一つだけ設定します。

これで、MacからもiPhoneからも

「とりあえず手帳ひらけよー」と急かされるので

デスクの上に手帳を開いた状態にできる、というわけです。

どんだけ意志が弱いねん、というツッコミを受けそうな話ですが、

習慣になるまでは続けようかなと思っています。

なにか別の習慣を付けたいなと思った時にも使えるテクニックですしね。

ポイントは、「リマインダにいれておくタスクは1日ひとつに限定しておくこと!」。

自分に過度な期待をせずに、一つずつ確実にもモノにしていくことが大事ですね。