Facebookイベントで行き違いを無くそう(iPhone連携追記あり)

Facebookイベント、いろいろと使い勝手が向上しています。
打ち合わせは秘密のグループを作って、
イベントを作成したらそのグループの中からイベントを作成。
以前まではメンバー以外は招待できなかったり、
カバー写真が設定できなかったりと不自由だったのですが、
2014年3月現在、
カバー写真対応とグループ外友達を招待することができるようになったので
非常に便利になりました。
結構私は多用しています。

2−3人の打ち合わせにFacebookイベントを作るなんて
面倒くさいと思われるかもしれませんが、
一番の理由はダブルチェック。
打ち合わせ時間や場所の覚え違いの防止です。
アラートも通知されますし、
自分自身のスケジュール管理をここに移管してしまえばいいと。

スケジュールをiPhoneやGoogleCalendarで管理している場合、
Facebookイベントは即座に反映されて非常に便利。
リスケをしようと思わない限り、
他のスケジュールと並べて管理できます。
ただし、iPhoneちゃんは気まぐれなので
iOS7のFacebook連携からカレンダー連携を行っても
表示されるイベントがあったりなかったり。
なのでちょっと一手間かけて、FacebookイベントをiPhoneに読み込ませにいきましょう。

まずイベント一覧ページの右上のハグルマから、
1


近日予定のイベントのエクスポートを選択
2


私の環境ではiCalが自動起動しましたので
このURLをコピーしてiPhoneへ送信。
windowsでも、近日予定のイベントのところでマウスオーバーさせるだけで
しばらくするとURLが決まるので
右クリック→リンクアドレスをコピー、で対応できます。
3


で、iPhoneのカレンダー設定画面から
4


その他のカレンダーを選択
5


照会するカレンダーを追加して、
6


はい、ここでさっきのURLをペースト
7


最後サーバーの設定があるので、
Facebookのユーザー名とパスワードを入力すれば完了。
8

現在はこれで快適にイベントを確認できています。
iPhoneの各種カレンダーアプリへも反映されますので
なかなかよい感じです。