クリエイターに必要なのは●●を想像すること

顧客?ユーザー?
それらはいままでもずっとやってきたこと。
そんなことができないようではクリエイティブじゃない。

今必要なのは、
「ビジネス全体」「事業」そのものの姿を想像すること。
これ、本当に大事。

誰が何をやりたがっているか。
それによって何が生まれて、誰が喜ぶか。
世のため人のためになっているか、
自分自身の正義にも適っているか。

クリエイティブの仕事なんて価格があってないようなもの。
クライアントが儲かれば自分の価値も上がるし、
その為にはエンドユーザーを喜ばすのは当然として、
ビジネスのどの部分に自分は関わっていて、
どこが足りなくて、
自分ならどこを補完できて、
どういった価値を提供できるのか。
このビジネスが発生した理由は何で、
お金は誰が出していて、
継続性、将来性はあるのか、とか。
そこまで考えてクリエイティブしてるのかと。

ビジネスの成功とはなにか?
そのイメージをクライアントと共有できているか?

MacやAdobeのソフトもクオリティが上がって、
ウェブ上にこれだけノウハウや素材が転がっていて、
誰でもハイレベルな制作物を簡単に作れるようになったのに、
未だに業界標準、常識で物事を語っていては未来が無い。

その制作物、クライアントを成功させられていますか?

ま、ここがディレクションの腕の見せ所なんだろうし、
人を動かせるからディレクターなんだろうけれど。
やる気と場数、普遍的なコミュニケ—ション力とモノを見る目を養っていけば、
ディレクターなんて誰でもできる仕事だと思うし、
それをやっている人間が少ないから、自分ならできると
そう信じて仕事をしてる訳です。

自分で背負って、自分で動かさなきゃ。面白くないでしょ?

ビジネスを考えることは、世の中を考える事に似ている。
広く、深く、考えていかなきゃね。